山之上まちづくり協議会

岐阜県美濃加茂市山之上町の有志で作る「むらおこし」

カテゴリ: 山之上まち協

本年度初めての役員会がありました。
交流センターが武漢コロナウイルスの影響で使用できないため、
何とか役員の自宅で少人数で開催しました。
soukai

EPSON330

本日は山之上交流センター脇の土手で草刈りを行いました。
しばらくはスッキリして気持ちよく過ごせます。
センターも集会所として一日も早く利用できることを願ってます。
IMG_1544
IMG_1543
IMG_1540
IMG_1542
IMG_1548
IMG_1546
IMG_0571
IMG_0569
IMG_0567
IMG_0566
DSC_1031-cleaned
DSC_1029-cleaned
DSC_1030-cleaned

今年はコロナの感染で総会を開くことができません。
決算報告をこのブログで確認してください。

EPSON320

今年もローゼルの栽培を行うために
昨年度のローゼルの後片付けを行いました。
また耕してローゼルのを移植します。
IMG_0525
ほぼ満開になった岐阜県指定記念物の山ノ上のサクラ
IMG_0533
ぎふ清流里山公園のローゼル畑(片付け前)
IMG_0535
IMG_0537
IMG_0540
IMG_0541
片付けは1時間半ほどで終了
IMG_0545
IMG_0548
一仕事終わったので休憩
IMG_0550
IMG_0551
こちらは山之上こども園付近のローゼル畑
IMG_0553
こども園付近の畑は本年はお返ししてローゼルは作りません。
IMG_0554

本年度最後の薪作りを行いました。
薪はアベマキで作りますが、
アベマキはかつて椎茸の原木として利用されました。
ところが近年は山之上町でも椎茸栽培をする農家が少なくなり、
アベマキは生長して大木になり、田畑の作物に悪影響を与えるようになりました。
そこで田畑や里山の持ち主が話し合い、
まちづくり協議会にアベマキ伐採の申し入れがあり、
アベマキで薪作りを行うようになりました。
アベマキを伐採したことで日差しに恵まれ、
耕作地では作物の生育がよくなったと思います。
IMG_0508
IMG_0506
丸太をだんだんと薪にしていきます。
IMG_0507
斧を使った薪割り
IMG_0510
IMG_0511
こちらは機械での薪割り
IMG_0512
丸太を薪の長さに切ります。(これはアベマキではありません)
IMG_0514
左手前の丸太がアベマキで、火持ちする薪になります。
IMG_0515
ちょっと休憩
IMG_0517
IMG_0520
IMG_0521
IMG_0522
丸太が薪になって広場がすっきりしました。
IMG_0523
お疲れ様でした。

↑このページのトップヘ