山之上まちづくり協議会

岐阜県美濃加茂市山之上町の有志で作る「むらおこし」

2018年04月

切り通しとは、山や丘などを掘り
人馬の交通を行えるようにした道である。
トンネル掘削技術が発達していなかった明治時代以前には、
切り立った地形の難所に道路を切り開く手段として広く用いられた。

山之上町には切り通しがまだ残っています。
今はトンネルが掘られてすぐに行けますが、昔は大変だったでしょう。
切り通しの中ほどにある石仏には可愛らしいよだれかけがかけてありました。イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

山之上まち協も応援している「ま音きねこ」さんの軽音楽演奏が
ぎふ清流里山公園で行われました。
散歩がてら演奏を聴きに行きました。

4月から日本昭和村は、ぎふ清流公園になって入園料が無料になりました。
そのせいか、来園者が多くなったように思います。
このまま大勢の人に来てもらえる公園になると喜ばしいです。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ヒトツバタゴはナンジャモンジャノキともいわれ、
東濃地方に自生していますが、
ここ山之上にも1本あります。
大きな樹木で、枝を張って大きくなり過ぎてしまい、
近年はだいぶ切られて、半分くらいの小ざっぱりした樹形になってしまいました。
枝が電線に引っかかるようになったことも、大幅な剪定が行われた原因のようです。
せっかく大きくなったのに、ヒトツバタゴに罪はないですが、
哀れな姿になっても花を咲かせた満開の姿をご覧ください。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

山之上町の神社や寺には石仏がよく見受けられ、
道路脇にも野仏が多く安置されてます。
そんな一カ所、佐口地区の真新しい石仏です。
安置された訳は知る由もありませんが、歩行者などを末長くお守りくださいませ。
イメージ 1

イメージ 2

山之上町佐口にある春日神社
イメージ 9

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

↑このページのトップヘ